爪もみ法 夫 早漏 克服 治療法

夫の早漏を克服する為のメソッド

射精をコントロールできることがどれだけ男の人生すべての自信に繋がるかご存知ですか!
ご主人を同居人夫から男に変えてやってください!

>>> 早漏を克服して男の自信を取り戻す最終手段とは!?

爪もみ法

爪もみマッサージ

爪もみのツボマッサージで副交感神経を刺激します。

 

 

爪もみは、自律神経のバランスを整えて免疫力を十分に発揮させるために、最も手軽で効果の高い方法です。

 

日本自律神経免疫治療研究会の前理事長である、福田稔さんがが考案しました。

 

病院に通わずに、爪もみを行うだけで病気や不快症状が改善した例は、多数報告されています。

 

 

爪もみマッサージの指別の健康効果

親指(呼吸器)

  アトピー性皮膚炎・セキ・ ぜんそく.リウマチ・円形脱毛症・ ガン.ドライマウスなど

 

人さし指(消化器)

  かいよう性大腸炎・クローン病・胃・十二指腸潰瘍・胃弱など

 

中指(耳)

  耳鳴り・難聴など

 

薬指

  原則として、薬指は除く

 

小指(循環器)

  脳梗塞.ボケ・パーキンソン病・物忘れ・不眠・メニエール病・高血圧.糖尿病・肩こり・
 腰痛・椎間板ヘルニア・動機・頭痛・ 腎臓病・頻尿・尿もれ・精力減退・肝炎・脂肪肝・
 しびれ・肥満(ダイエット)・生理痛・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・顔面神経痛・
 自律神経失調症・不安神経症・パニック障害・うつ状態など

 

 

爪もみマッサージのやり方

爪の生えぎわの両側から(上の写真参照)反対の手の人差し指と親指で摘んで揉みます。

 

ツボの位置をそれほど厳密に拘らくても効果をえられますが、各指の第一関節から爪の生えぎわあたりでキュっといきなり細くなっている部分がありますのでそこを揉んでください。

 

両手の指を10〜20秒づつ指側面からギュッ、ギュッっと挟み揉みします。

 

ギュッ、ギュッっと挟み揉みするほか、ギュ〜ッっと長く押し続けてもけっこうです。

 

揉む強さは自分自身で「ちょっと痛いけど気持ちいい」ぐらいがちょうどいいです。

 

 

1日2〜3度を目安に続けることをおすすめします。

 

不眠の人は寝る前に行うと、気持ち良く眠ることができます。

 

とくに下半身の症状を改善したい場合には、足の指も揉むと効果的です。
足の爪の生えぎわを、手の場合と同様に刺激します。

 

 

 

※薬指は交感神経を刺激する指なので、単独で刺激すると免疫力を低下させてしまう可能性があります。薬指だけを刺激することは避け、必ず、ほかの4本の指といっしょに刺激するようにしましょう。

 

 

夫の早漏を克服する為のメソッド

ご主人の早漏が改善されれば家庭生活も円満になります。

奥さん、夫を男に変える手助けをしてくれませんか?

 

>>>夫婦がお互い満足できる夜の生活を手に入れる方法とは!?